離婚をすると、養育費が発生するケースが多いです。 では、この養育費というものは、絶対に支払わないといけないのでしょうか? これは、離婚する時の取り決めで異なります。 妻が自分の収入で十分だと思った場合や夫ともう関わりたくないと感じている場合には、養育費を請求されないこともあるようです。 また、夫に支払い能力がないと感じた場合にも、養育費を請求されないことがあります。 ただ、養育費を受け取るのは子供の権利なので、本当なら妻が何と言おうと、支払う義務があるのです。 もし、一度取り決めた養育費の支払いを拒んだ場合は、養育費とは別に裁判所から制裁金を請求されるケースもあるでしょう。 親権を持つ妻が裁判所に申し立てを行えば、給料の差し押さえなどの処置ができる場合もあります。 もし、経済的状況が厳しく、最初に決めた金額を支払うことができない場合は、その旨を必ず伝えるようにしてください。 そうすることで、支払う養育費を減額できる場合もあります。